ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > ドライヤーとヘアアイロンの使い方


ドライヤーとヘアアイロンを正しく使用してきれいな髪を保ちましょう

毎日お風呂を出た後に髪を乾かすために使うドライヤー。サラサラストレートに欠かせないヘアアイロン。

どちらも女子の必須アイテムですよね!

ですが、どちらのアイテムも使い方次第で髪のダメージは大きくなってしまいます。いくら良いトリートメントをしたり、お金をかけても間違った使い方で髪を傷めてしまってはもったいないですよね・・・。

綺麗な髪を保つために、「ドライヤーとヘアアイロンの正しい使い方」を是非マスターしてくださいね!

ドライヤーの正しい使い方

タオルドライ→ドライヤー→ブラッシング


まず、皆さんが毎日使うドライヤーの正しい使い方です。

何気なく使っていて、早く乾かしたいという一心で使っていませんか?

ただでさえ熱に弱い髪の毛ですが、きちんと乾かさないと、菌が増殖し、臭いの原因となりますので気をつけましょう。間違った使い方で思い当たることがある方は注意してくださいね。

まずは、髪を洗った後、乾かす前にタオルドライをします。


ここで注意!


髪の毛が濡れた状態でブラッシングをしないこと!

濡れているときは、髪表面のキューティクルが開いていて、それが剥がれたりと、ダメージの原因となります。

タオルドライの際は髪の毛をタオルで挟んでポンポンと優しく水分を取って下さい。
ゴシゴシと摩擦をかけるとダメージを与えるので注意です!


次に、ドライヤーを当てていきます。


ドライヤーを当てる時のポイントは、
・髪の毛から20センチ離してかけること!
・根本からきちんと乾かすこと!

髪の毛をかきわけて、根本からドライヤーを一定の場所ばかりに当てないように揺らしながら当てていきます。

根本を乾かしたら毛先に向かって全体を乾かします。全体が乾いたら、全体に冷風を当て、キューティクルを引き締めます。

その他に、冷風を使うことで、熱で離れてしまった髪の毛の「ケラチン」というたんぱく質を結合することもできます。
最後に、ブラシなどで髪の毛を整えます。


いかがでしたか?あなたはドライヤーの正しい使い方、できていましたか?

毎日使うドライヤーですから、正しい使い方を習慣にしましょう!

ヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロン前は髪を必ず乾かしましょう


次にヘアアイロンの正しい使い方を紹介します。

使用する際には髪の毛をきちんと乾かしておきましょう。濡れた髪に使用すると、ダメージの原因となります。

水分に熱を当てると蒸発して乾いたように感じますが、必要な水分まで蒸発してしまい、パサパサの髪の毛になってしまいます。ヘアアイロンはドライヤー代わりにはなりませんので注意しましょう。


ヘアアイロンを使う前にブラシで髪の毛をとかし、髪を熱や摩擦から守るために、ストレート用のヘアウォーターを使います。使用することで仕上がりも良くなります。


ブロッキングを4~8分割した後、ヘアアイロンを使っていきます。


温度は「160℃~180℃」が髪にとって適温です。大体、アイロンがそれぐらいの温度になるまでに1分~1分半ぐらいかかりますから、事前に準備をしておくと良いですね。高温なのでヤケドに注意してくださいね。

髪の毛の束を取り、根本からアイロンをかけていきます。
まずは、「根本~中間~毛先」と分けてかけます。そしたら根本から毛先に滑らせます。その際、無理やりひっぱらないようにしましょう。

全体にアイロンをかけ終えたら、ヘアオイルなどできちんとケアをして完成です!


サラサラのストレートで気分も上がりますね!


毛先だけクルッとカールをつけるのもいいですよね!

ヘアアイロンといっても種類がいろいろありますが、少し値が張ってしまいますが、髪のことを考えると良質なものを選んだ方が良いですよね!

女子にとってとても身近なアイテム、ドライヤーとヘアアイロン。
何気なく使っていて大きなダメージを与えていたかもしれません…。

是非、正しい使い方をマスターして綺麗な髪を目指してくださいね!

( by )