ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > ストレートアイロンで綺麗に巻き髪をつくる方法


ストレートアイロンはまっすぐにするだけではなく巻き髪も作ることができます

ストレートアイロンは髪をまっすぐにする時だけ使う物、なんて思っていませんか?

実はちょっとしたコツさえ掴めば、ナチュラルでふんわりキュートな巻き髪も作れるんです!

しかも崩れにくいので一日中ゆるふわニュアンスカールが楽しめます。明日からすぐに使える、ヘアアイロンの活用法をご紹介します!



☆まずは下準備から!


まずは髪の癖をとってカールしやすい状態にするために、髪全体にストレートアイロンを軽くすべらせておきます。

毛先も揃って仕上がりが綺麗になるポイント。

カールを長持ちさせるためにカールローションを髪全体にスプレーします。
その後、ドライヤーできちんと乾かすことも忘れずに!



☆いよいよ巻いていきます。


1.ざっくりとでもいいのでブロッキングをしましょう。

耳の少し上と下で分けるだけで仕上がりが全然違います。それに太い毛束のままアイロンをかけても、なかなかスタイリングが出来ず何回もあて直す事になるので、髪へのダメージも大きくなってしまいます。

2.下のブロックの顔に近い部分から少量ずつ取ってあてていきます。

巻き始めは毛先ではなく中央付近から。
挟んだら手首を反転させて外側に巻き込んでいきます。
このとき毛先を反対の手で持ちながらスタイリングすると綺麗にカールできます。
下に向かって髪を滑らせるようにアイロンを動かし、優しく引き抜きます。熱が冷めるまで少しの間毛先を指でつまんで、カールを崩さないようにキープしましょう。
熱が冷める時に形状を記憶するので、綺麗なカールを保つポイントです。

3.次の毛束も手順は同様に。ただ今度は内側に巻き込んでいきます。外巻き→内巻き→外巻き・・・と交互に巻いていく事でナチュラルな動きのあるウェーブになります。
4.反対側まで巻いたら顔の周りを除いて上のブロックもバランスを見ながら巻いていきます。
5.顔の周り(額のラインに沿う部分)は全て外巻きにします。
6.すぐに解さずに熱が冷めるのを待ちます。

熱が冷めたらワックスを髪全体に軽く揉み込んでキープさせます。
固まらないタイプのスプレーでもいいですが、その場合は髪に近づけてスプレーすると固まりやすいので、適度に離してジグザグに万遍なくかけましょう。



これで、ナチュラルでふわふわのウェーブヘアの完成です!

ヘアアイロンの使用に慣れていないと、文章読むだけだとなかなかイメージがつかないと思いますので、そういう時はYouTube等で美容師さんがアップしている動画を参考にしてみてください。

ストレートアイロン一つでストレートもカールも自在にアレンジできるので、日々のおしゃれが楽しく、幅が広がりますよ。

ただ一つ、ヘアアイロンは髪を傷めやすいという点だけ、気をつけて使用すればいつでも艶々なコンディションの良い髪で過ごせます。

毎日のスタイリングに使用するヘアアイロン。
質の良い、少し高価でも髪を傷めにくいヘアアイロンを一つ、お洒落の相棒として購入するのも、美しさを保つ必要事項なのではないでしょうか。

ヘアアイロンを正しく賢く使って、毎日のおしゃれを楽しみましょう!

( by )