ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > 知っていますか? 縮毛矯正とストレートパーマの違い


ちょっとした違いに敏感になろう

縮毛矯正とストパー、何が違うの?


髪の悩みとして多いのが、うねりや広がり、クセなどの状態ではないでしょうか。
サラッとしたキレイな髪は憧れですよね。
ストレートパーマや縮毛矯正をして、髪クセのない状態にしたいと考える方も多いと思います。

そこで気になるのが、縮毛矯正とストレートパーマの違い。
美容院での施術料金も差がありますよね。
同じ様にまっすぐの状態になるのに、何が違うのでしょうか?



ストレートパーマ


ストレートパーマは、パーマ液で髪をまっすぐにします。
カールのついたパーマヘアを真っ直ぐにしたい時にかけるものです。
ストレートパーマには、もともとの髪の癖を伸ばす効果はありません。
髪のクセが強い人が、ストレートパーマをかけても、あまり効果を感じられません。
ストレートヘアが持続する期間も、パーマと同じ様に約3ヶ月程度ですが、
縮毛矯正に比べて髪への負担も少ないです。
地毛にあまりクセが無く、自然なストレートヘアにしたい方におすすめです。



縮毛矯正


縮毛矯正もパーマの一種ですが、パーマ液と、ストレートヘアアイロンを使って、しっかりとクセを伸ばしています。
地毛のクセをストレートにしたい時には、縮毛矯正が有効なのです。
ヘアアイロンを使用する技術の分、ストレートパーマより施術料金が高いサロンが多いようです。
縮毛矯正はストレートパーマと違い、一度かけた部分のクセは戻ることがないと言われています。
ただし、新しく生えてきた根元の部分のクセが目立ってしまうこともあります。
また、アイロンをかけるので、熱で髪への負担は大きくなります。
髪のクセが強く、ストレートの状態を持続させたい、根元から真っ直ぐな状態にしたい方におすすめです。


地毛の状態に合ったパーマを

ストレートパーマと縮毛矯正では、同じような状態になるのに、結構違いがあるんですね。
自分の地毛の状態ではどちらが良いのか、サロンで相談してみるのも良いですね。

( by )