ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > コテを使ったショートヘアのスタイリング


ショートヘアでもコテを使ってふんわりかわいいヘアスタイルに

思い切って髪の毛をバッサリ切りたい!イメージチェンジしたい!という時にショートヘアにしたら随分とイメージが変わりますよね。

しかもショートヘアは髪の毛を洗ったり乾かしたりのヘアケアが短い分楽チン!だけどスタイリングをしないままだとペタンとしてしまってなんだか冴えない。。。

ペタンとしていると少し老けて見えてしまいますよね。どうやってスタイリングしたらいいの?と悩んでいませんか?


コテを使ってふんわりと若々しいヘアスタイルを作ろう

コテのサイズ


まずは、コテのサイズですがショートヘアなら細めの25cm辺りを用意します。
少し癖をつける程度ならさらに細めの19cm辺りでも良いでしょう。
ショートボブの場合は32cmで毛先をワンカールでも良いでしょう。

コテの温度を「160℃~180℃」に設定しておきます。



下準備をしましょう


髪の毛はきちんと乾かしておきます。カールの持ちをよくする為に市販のカールローションを使い、また乾かします。
髪の毛が濡れているとダメージの原因や、カールの持ちが悪くなりますので注意しましょう。



コテで髪の毛を巻いていきます


前髪を作る場合は前髪から巻いていきます。根本から毛先に滑らせるように巻いていきます。
前髪をコテで巻くときに気をつけたいのが角度です。コテで挟む前に、前髪とコテがピンッと平行になるよう角度に注意してから挟みます。
前髪とコテの角度がカクンとしてしまうと、コテの跡がついて残念な前髪になってしまいます。

トップにボリュームを出すために頭のてっぺんの髪の毛をとり根本まで巻きます。

次にサイドを巻いていきます。

ポイントは、コテを毛先から挟むのではなく、毛束の中心から!
中心から少しずつ毛先に滑らせるように巻いていきます。

ショートヘアの場合、全体的にきっちりと同じカールの束にしてしまうと、ふんわりとした動きがつくれません。なので、内巻き、外巻きを合わせたミックス巻きや、毛束を巻いたら横の毛束を巻かずと1つ置きに巻いていくとランダムな感じになり動きが出せます。
サイドから後ろへと同じように巻いていきます。

巻き終わりましたら髪の毛の熱が下がるのを待ち、ヘアワックスを手の平でのばし、髪の毛全体をクシャクシャっと揉みこむようにつけ、手の平で軽く整えます。
指でつまんで毛先の動きを作るのもいいですね!
最後にヘアスプレーでヘアスタイルをキープしてふんわりショートヘアの完成です!

ショートヘアでもコテを使ってふんわりとかわいいヘアスタイルが楽しめます。
是非コテでのスタイリングをマスターしてくださいね!

( by )