ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > ヘアアイロンの未来


今後は髪が傷みにくい・よりへアルタイルを固定でするヘアアイロンが出てくるかもしれません

ヘアアイロンの未来

最近は様々なヘアアイロンありますが、
どれも仕組みは単純で、「髪を暖めて形状を変える」ということです。

もちろんプレートの素材などの違いはありますが、すべてのヘアアイロンは
熱くなったプレートを髪に当てるという部分でまったく同じです。
ではこれからのヘアアイロンはどのような可能性があるんでしょうか?
少し考えてみました。

1.髪を熱しないヘアアイロン

ヘアアイロンがで髪の形状が変わるのは、髪を熱し髪のたんぱく質を強制的に変化させることで実現します。
高温のプレートを髪に直接あてるわけなので、髪が痛む原因にも。。
でも、目的は「髪を熱すること」でなはく、「髪のたんぱく質を変化させる」ことなので、
「熱しなくても髪のたんぱく質を変化させる技術」が発見されれば、
ヘアアイロンは一気に進化を遂げることになります。
たとえば電気を流したりですね。

2. 冷やすヘアアイロン

髪の形状が変化するのは、上記のように「熱する」ことで実現しますが、
髪の形状を固定するのは「冷やす」ことが重要です。
ヘアアイロンをあてて巻髪になっても、髪が冷える前にさわってしまうと
せっかくの巻髪がくずれてしまいます。
現在は、自然に冷えるのを待っているだけなので、ヘアアイロン自体は
熱することしかしていませんが、熱するだけではなく、冷たくなることも可能な
ヘアアイロンがでれば、もっと綺麗にヘアスタイルが固定できるかもしれません。

3. 火傷しないヘアアイロン

みなさんはヘアアイロンで火傷したことありませんか?
一歩まちがうと、大切な顔をやけどしてしまったり、火事の原因にもなるヘアアイロンですが、
それはヘアアイロンがとても高い温度をもつためです。
「髪を熱しないヘアアイロン」が実現されれば、この問題も解決するわけですが、
「髪を熱するけれど火傷しないヘアアイロン」というのも考えられます。
たとえば脱毛レーザーを考えてみてください。あれは黒い毛だけに反応するレーザをつかって
毛根を焼きますが、肌には反応しないため火傷はしないですよね?
それと同じような仕組みがヘアアイロンでも実現できれば、きっと火傷を心配しない
安全なヘアアイロンができるんではないでしょうか。

いかがでしたか?
スマホなどでは日々技術は進化していますが、
ヘアアイロンの基本構造は近年大きく変化していません。
ミラカールの自動巻きが、世界に衝撃をあたえたように、近い将来新しい発想のヘアアイロンが
私達の生活を大きく変えることになるかもしれません。

( by )