ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > どのヘアアイロンにしようか迷っているアナタへ


ヘアアイロンには様々な選ぶポイントがありますので、しっかりチェックしておきましょう

どのヘアアイロンにしようか迷っているアナタへ


みなさんはどんな点を重視してヘアアイロンを選んでますか?
家電量販店とかに行くと、たくさんの種類が並んでいて違いがよくわかりませんよね。
なんとくなく買ってしまうと、きっと後で後悔しちゃいますので、

ヘアアイロン選びのポイントをすこし整理してみましょう!

1.へアイロンといえば「温度」が重要ですよね。

150℃~200℃ぐらいの温度が出せるヘアアイロンがおすすめです!
低い温度だと、髪のスタイリング作用がほとんどできないということにもなりかねないので、
目安は200℃ぐらいまでだせるヘアアイロンです。
160℃ぐらいまでしか出せないヘアアイロンだと、人によってはスタイリング効果が感じられない
悲しい結果になるかもしれません。。

2.プレートの滑りやすさ!

ヘアアイロンは髪をはさんで使うものなんだけど、適度にすべりやすい素材じゃないと
髪に引っかかって痛い!なんてことも。。
とくにストレートヘアアイロンの場合は髪に滑らせて使うので、
なるべく滑りやすそうなヘアアイロンを選ぶのが吉!

代表的な素材は以下です。
1.チタニウム
2.セラミック
3.テフロン

この中で、摩擦力が低いのはテフロン!
(テフロンは一般的に耐久性がすこし低いのが短所と言われているけど、
テフロンを使っていて耐久性も心配ないと書いてあるヘアアイロンなら完璧です)

3.温度上昇の早さ

ここは意外とヘアアイロンはじめて買う人は気にしない点です。
電源をつけてから、温度が180度までになるのって結構時間がかかるんですよね。
せっかくおしゃれしたいのに、待ってるだけの時間なんてもったいない!っておもっちゃうし
イライラした気分になりたくないですよね!
とくに冬とか部屋の温度が低いときなんかなかなか温度があがりません。
だから、
温度上昇が早い(何秒で何度まであがるのか)ことを宣伝しているヘアアイロンはぜったいお勧め!

4.温度の安定具合

これは「温度上昇」の早さが早いヘアアイロンであれば、同時に温度が安定していることになります。
たとえば180℃になったヘアアイロンを髪につけると、一気に温度はさがっちゃうんです。
(髪って意外と冷たいんですよね)
温度がさがったヘアアイロンだと、ぜんぜんスタイリングができないことも・・・
でも、温度上昇が早いヘアアイロンだと、すぐに温度がもどるのでその心配はなし!
だから、温度上昇の早さっていうのは温度の安定具合にも関係してくるわけですね。
とくにこの点は、低価格(1万5千円以下程度)のヘアアイロンだと実現できていないことが多いので、
注意が必要です。

5.コードがねじれない360度回転式かどうか

ヘアアイロンでスタイリングするときは左右の手でもちかえたり、くるくる回したりしますよね?
このとき電源コードがネジネジされて、最悪コードが切れちゃうことも。。。
でも、ヘアアイロンの中には360度回転して、絶対にねじれない電源コードになっているものもあります。
イライラしたくない人は絶対に360度回転式のヘアアイロンを買いましょう

6.お勧めの色は、白系!

これはみなさんが好きな色にしてくださいと言いたいんですが、
お勧めは断然「白系」です。
なぜかというと、黒や茶髪の髪にヘアアイロンを使う時に、暗い色のヘアアイロンだと
スタイリングしているときに、髪の色と同化して鏡でよく見えないんですよね。
そのまま使っていると、誤って火傷しちゃうこともしばしば。。。
だから、ちゃんとよく見える白いヘアアイロンであれば、しっかり確認しながらスタイリングができるってわけです。
暗い色のヘアアイロンはちょっと使いにくいです。
ヘアアイロン色で髪がよく見えないなんてことがないように、明るめの色を選んでくださいね!

( by )