ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > 海外旅行でヘアアイロン使える?


海外でヘアアイロンを使用する方は電圧やコンセントの形状を把握・対策しておきましょう

いつも使っているヘアアイロン、海外旅行先でも使えるの?

せっかくの海外旅行、お洒落だって楽しみたいですよね?

でも国によって電圧の違いコンセントの形状が違っていたりするので、日本から持って来たヘアアイロンをそのまま使おうとすると、ヘアアイロンが壊れたり、火事になったりする事もあるので、大変危険なんです。


海外でも安全にヘアアレンジを楽しむ方法とは

どうして日本製のヘアアイロンがそのまま使えないの?


先ほども少し触れましたが、一般的に使用されている電圧の差が大きな原因です。

日本の一般家庭で使用されている電圧は100V
ですが、他の諸外国では200V以上の国が殆どです。

アジア圏内でも中国は220V、韓国は110~220Vなので、日本の100Vの設定でつくられた製品をそのまま使用する事は危険です。

また日本で使われているコンセントのプラグの形は二つ穴のA型の1種類ですが、香港では三つ穴のB型、オーストラリアではS型など世界各国様々です。

まずは海外旅行先での電圧、プラグの型などをリサーチしておく必要があります。
「旅行先の国名+電源プラグ」で検索すればすぐに分りますよ。

ではどうすれば使用できるのか。


いくつかのポイントをご紹介します。

1.変圧器を使う。


ヘアアイロンやドライヤーでも使用できる変圧器は容量が400W以上ないと使えません。
一般的に家電量販店などで置かれている~2,000円ぐらいのものですと使用できないので注意が必要です。

それぐらいのものだと、変圧器だけでも重さが数kgほどする物が多いです。お値段もそこそこします。

これにプラグを現地のものに適応できるアダプターをつけて使用する方法ですが、流石にそれぐらいの重さですと、トランクに入れて持っていくのは大変なので、滞在先のホテルに事前に、ドライヤーやヘアアイロンを使える変圧器が置いてあるか聞いてみるのが良いと思います。



2.海外兼用のヘアアイロンを購入して使う。


ヘアアイロンの説明書きに100V~240V対応、国内・海外両用等の記載があれば、国内でも海外でもプラグアダプターを交換すれば殆どの国で使用できるので安心です。

価格も安値のものからありますので、海外専用としてひとつ購入しておくと便利かもしれません。

基本的には海外兼用の物を購入して持っていく方が多いようです。
安全に使用できないと楽しめないし、現地でのトラブルも不安だという理由、または日本製の性能の良いヘアアイロンを壊したくないという事もあるようです。

しかし、電圧を100V~200Vぐらい幅広く対応できるものは、どの電圧でも壊れないような仕組みにする為、温度の上がり等が国内専用のものに比べると遅いというデメリットもあります。やはり電圧の差に対応するために機能を削っていたりもするので、日本専用の性能が高い製品と比較すると差があるのは仕方がないといえます。



海外旅行は安心で楽しく、安全にを大切にして、その中でどうヘアスタイルを楽しむかが重要です。

最高の美しい思い出が沢山出来るように、思いっきり心から笑顔になれる旅になるように、不安なく事前の準備を万端にして出発の日を迎えられますように☆

( by )