ヘアアイロン・コテおすすめランキングTOP > ヘアアイロンは高温が良い?低温が良い?


髪質にあったヘアアイロンの温度で利用して髪へのダメージを最小限に抑えましょう

ヘアアイロンは温度によって、髪に負担がかかる事をご存知ですか?

ヘアアイロンを使用する時には低温で使用した方が良いのでしょうか?

それとも高温で使用した方が良いのか?

どちらを選べばいいのでしょう?


・ヘアアイロンを低温にして使用した場合は?

結果的に髪へのダメージが大きくなる事もあります


低温で使用すると、髪に対して一度に与えるダメージは減ります。
しかし髪をストレートにしたり、カールにしたりする力は落ちてしまうので、
髪にあてる回数や時間が増え、結果的に、ダメージそのものが減る訳ではありません。

むしろ、髪に充てる時間が増えるほど、髪の中で「タンパク変性」が起こり、髪質が悪化したまま戻らなくなってしまいます。
「タンパク変性」とは、60℃位の温度から始まるとされているので、低温とはいえ、ヘアアイロンですので、100℃以上は出ていますので長時間ヘアアイロンやカールアイロンを当てるのは注意が必要です。

また、髪に当てる回数が増えると、髪の表面のキューティクルが摩擦で傷んでしまうので、何度も当てるのも良くはありません。


・ヘアアイロンを高温にして使用した場合は?

高温を使いこなすには慣れが必要です


それでは、プロの方々がするように、高温に設定してみるとどうでしょうか?
スタイリングは簡単にできるのですが、「低温に設定した場合は?」でも紹介した「タンパク変性」が起こりやすくなることに加えて、髪の表面にやけどをする可能性も多くなるので、200℃超という高温で使用する事は、お勧めできません。
但し、プロの方々が行っているように、髪にあてる回数や時間を減らすということを前提にすれば、髪に与えるダメージは少なくなります。



では、低温と高温どっちがいいの?


ヘアアイロンを高温の状態で使用すると、一度に髪に与えるダメージが大きくなります。
その為、慣れるまでは、低温設定から初めて、自分の髪の性質やスタイリング方法に適した温度設定を調整していく事が重要です。
特にカールアイロン(コテ)はなかなか上手く巻いて抜くのが難しいので、初めて使う方はまずは電源を入れないで巻いてみて練習するのが良いです。



ちなみに、髪にあった設定温度はどれくらいでしょうか?


一般的に、ヘアアイロンを使用する時に必要な温度は180℃前後と言われています。
しかし、これは、縮毛矯正で必要とされている温度であって普通の髪質の場合には150~170℃位が適しているとされています。
カールアイロン(コテ)の場合は、ストレートアイロンより髪に当てる時間がどうしても長くなるので、もう少し低い温度で良いでしょう。

ただし、他の記事でも書きましたが、ヘアアイロンを髪に当てる表面温度の事で、実際はそんなに出ていない事が多いので、設定温度は気持ち高くても良いかもしれません。

是非、お手持ちのものを自分の髪質で何回か試してみて、自分にあった温度やヘアアイロンを見つけてみてください。

( by )